カナガンのアマゾンレビューが悪評ばかりで正直不安!本当のところはどうなのか調査!口コミを見る際に惑わされないコツを教えます

この記事では、いろんな角度からみたカナガンキャットフードの悪評やレビュー、口コミについてまとめています。

ネット上は様々な意見があり、どれが真実なのか困惑してしまいますよね。
飼い主である私たちがまどわされないコツもお伝えしたいと思います。

アマゾン悪評多すぎ!

カナガンキャットフードのアマゾンレビューは口コミ評価が低いです。
主な内容として、

・ステマサイトが多いから信用してはいけない
・会社が胡散臭い
・食べなかったから前のフードにした

このような意見が目立ちました。

しかも★1つレビューが44件!!

こんなに評価が低いとダメなのかなって思っちゃいますよね。

でも、あるレビューを見て少し考えなおしてしまいました。

悪評にある共通点と気づき

このレビューを読んである共通点に気が付きました。

amazonでの評価は非道い事を書いている人(殆どアマゾンでの購入者ではない)が多いですが
(逆にその方たちが他の業者では?と思っちゃいます)

うちの子は、封を開けたら、臭いが良いのか早速寄ってきて興味津々でした。
お皿に出してあげると美味しそうに、既存のご飯を見向きもせずに食べていました。
私も、一緒に食べてみましたが、臭いや味に問題なく安心して食べることが出来ました。
あまりにも酷評な評価が多いので、敢えて 本当の所は 逆ではないか? と期待して購入てみました。

吐いたり、お腹も壊していません。今は、機嫌良く日光浴をしてうとうとと、恍惚の顔で寝ています。

確かに、悪評レビューを付けてる人たちってほとんど購入者じゃないんです。

フィルターをかけるとこんな感じ。

118レビュー中購入者が53件、購入者の★1レビューは7件・・

★1が全体で44件ということは・・44-7=37で

非購入者の悪評レビューは37件ってことになります。

これって確かにちょっと・・いやかなり不自然です。

いいことばっかり言ってるのも不自然ですが、悪いレビューもここまでくると違和感を覚えます。

もちろん購入者レビューにもマイナス意見はありましたが、

『粒がうちの子には大きかった』
『ちょっと高いからほかのフードと混ぜてる』
『多頭飼いだと好みがわかれる』

と、具体的な評価をしています。
ふわっとした批判ではないんですよね。

リサーチ力が私たち飼い主に求められているように感じました。

↓うちの猫にも実際食べてもらいました。リアルな意見が知りたい方はこちらもどうぞ

品質について、市販品との違い

品質についても軽くまとめてみました。

カナガンキャットフードは猫の体を第一に作られています。
小麦などの穀物が入っていないのはもちろん、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が専門家の指導のもとに配合されています。

品質管理も徹底しており、製造前と製造後の2度にわたってチェックをしています。
カナガン開発者のエディーさんが直々にスタッフチェックをすることもあるようです。

品質はもちろん、スタッフもチェックしているのには驚きました。

市販品との大きな違いはお肉にあった

カナガンキャットフードは人間も食べられるってご存知でしたか?
その秘密はお肉にあります。

市販のキャットフードは『4dミート』というお肉が含まれている場合があります。
(4dミートは、アメリカの農務省で定めたお肉ランキングの最下層お肉のことを言います)

・Dead(すでに死んでしまった肉)
・Disabled(障害があったお肉)
・Diseased(病気である状態動物の肉)
・Dying(死にかけている状態の肉)

どんな状態で死んでしまったお肉なの?

どんな状態で死にかけてしまったの?

どんな病気で・・

人間は食べられないと定められてる4dミート。
だからって、猫に与えるなんてその発想自体が疑問です。

カナガンは平飼いしたチキンと明記されているので、品質の点でも安心できるんじゃないかなって感じています。
カナガン自体の品質は粗悪なものではないようです。

>>カナガン公式サイトで確認してみる<<

ニュートラルな口コミはSNSが最強

カナガンキャットフードにに限らずですが、リアルな声を知るにはSNSが便利です。
いくつかご紹介します。


なかなか評判は上々のようですね。

また、SNSではないですが、興味深いところではこんな動画もありました。

よっぽどおいしかったみたいですね(´-`*)。
演技ではなさそうです。

とはいえ、猫によってはこんなことも・・

結局のところ、良いレビューもですが、悪いレビューも含めて数が多いから真実、というわけではなさそうです。

品質は飼い主が見極めて、リピートするか、そうでないかは猫ちゃんが決めるのがよさそうですね。

カナガン、まずは試してみようかな?という場合はいきなり定期購入をするよりは、1袋猫ちゃんに与えてから決めるのが賢い方法なのかもしれません。

参考までにお値段をそれぞれ載せておきますね。

・アマゾン 4950円(送料無料)
・公式サイト 3960円(+送料640円)=4600円
・楽天  5250円(+送料650円)=5900円

すべて1.5kg

公式サイトの運営元、株式会社レティシアンは海外輸品、貿易のプロフェッショナル業者です
その実績から品質管理は徹底していることがうかがえます。

日本国内唯一の正規代理店でもあるため、専門家による無料相談もうけつけています。
値段が一番安いというのも含めて、少しでも気になる点があれば、公式サイトで購入するのが一番安全で確実かと思います。

猫ちゃんのごはんタイムがもっと幸せな時間になることを祈っています。

>>カナガン公式サイトを確認してみる<<


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする